美白化粧水表示の有効成分って難しいです。美白化粧水ランキング de 肌のくすみ解消!

美白化粧水表示の有効成分って難しいです。美白化粧水ランキング de 肌のくすみ解消!

美白化粧水表示の有効成分って難しいです。

ドラッグストアでも、ネット通販、テレビ通販でも

 

美白が売りの化粧水がいろいろ出ていて迷います。

 

 

 

特に、有効成分が似たような名前だけどちょっと違ったり

 

して、何が違うのか、どっちの方がいいのか

 

正直よく分かりません。

 

 

 

私がよく見かける有効成分は、

 

ビタミンC、アルブチン、ハイドロキノン、トラネキサム酸、

 

プラセンタなどです。

 

 

 

でも、ビタミンCと表に書いてあっても、

 

裏の表示成分を見ると、

 

単に「ビタミンC」と書いてあるものと「ビタミンC誘導体」

 

「アスコルビン酸」などがあります。

 

 

 

さらに化粧品売り場のポップに

 

これは「生のビタミンCを使っているのでより実感できる」

 

という内容を見かけたと思ったら、

 

別の商品には「生のビタミンCは壊れやすく、この商品は

 

壊れにくいように加工したビタミンC誘導体だから、

 

安定した効果が期待できる」と書いてあるものもあります。

 

ほんとのところどっちがいいんでしょうか。

 

 

 

アルブチンも同様で、

 

アルブチンはハイドロキノンの化学式とほとんど一緒で

 

一個多いだけ、肌での作用は変わらないという説明書きを

 

見かけることがあります。

 

でも、ハイドロキノンはもともと医師の処方が必要な

 

医薬品で、化粧品に使用できるようになったもの、

 

ハイドロキンンの方が漂白作用が強いとうたった商品が

 

あるかと思ったら、

 

ハイドロキノンは壊れやすく、作用も強すぎるので、

 

アルブチンの方が安定していて、作用もゆるやかで安心

 

とうたったものもあります。

 

 

 

トラネキサム酸も肝斑に効くと書いてあったり、

 

そもそも肝斑はホルモン作用によるもので、

 

化粧品やサプリは意味がないという記事もみかけます。

 

 

 

プラセンタ配合の化粧水も使いましたが、

 

動物由来のものと植物由来のものがあって、

 

動物由来の方は人間と同じ哺乳類(豚さんとか)からとった

 

もので、肌なじみがよいといい、

 

植物由来の方は植物なので安心と書いてある…。

 

 

 

一般消費者としては、で、結局、どれが一番安心で

 

効果が高いのか知りたいわけですが、

 

だれか詳しい人がそれぞれのメリット・デメリットを

 

一覧表にしてもらえないかなと思います。

 

 

 

いっぱりありすぎて、素人さんには歯が立ちません。。


ホーム RSS購読 サイトマップ